プロフィール

目黒駅は品川区

Author:目黒駅は品川区
e-まちタウンでやっていたブログが突如閉鎖になったのでこちらに移動しました!
まだテスト中なんで、そこんとこよろしく♪


登山 ブログランキングへ

リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

まとめ

谷峨駅〜不老山〜湯船山〜鉄砲木ノ頭〜石割の湯

(2017/06/10)
大崎4:30→山手線→品川4:33〜35→東海道線→国府津5:44〜6:03→御殿場線→谷峨6:34

谷峨駅160m6:40→道の駅山北6:53→山市場バス停7:06→不老山登山口200m7:10→番ヶ平850m8:18→不老山928m8:40〜50→不老山南峰8:55→世附峠710m9:07→樹上の二人(サンショウバラの丘)740.2m9:13→峰坂峠9:26→白クラノ頭978m9:54→湯船山1040.7m10:07〜20→明神峠900m10:33→三国峠1170m11:12→鉄砲木ノ頭(明神山)1290.8m11:25〜35→切通峠1050m11:56→石割の湯1030m12:33

合計5時間53分

石割の湯14:54→ふじっこ1号・渋滞で遅れる→富士山駅16:04〜08→ホリデー快速富士山2号新宿行→新宿18:06〜09→山手線→目黒18:21

6月10日(土)は、丹沢の外れの大昔に1回しか登ったことのない不老山に行って来ました!

6月だしマイナーなんでほとんど人はいないだろうと思っていたら、サンショウバラの開花時期ということで、結構たくさんいました。あまり咲いてなかったけど…。

不老山は普通、西丹沢行のバスに乗り、山市場か棚沢キャンプ場で降りるんですが、このバスは混むので、早めに行って席取りする時間を考えると、御殿場線の谷峨駅からスロージョギングした方が早くとりつけそうだったので、今回はそれを試してみました。

始発の東海道線から御殿場線に乗り継いで、谷峨駅6時35分着。例によって自販機で水分補給して一服したら、6時40分、ダラダラとスロージョギングでスタート。

開店前の、その割にはトイレ借りる人で駐車場は満杯状態の道の駅山北の前を前を過ぎ、もう少し進むと山市場のバス停があるので、その先のヘアピンカーブのところが登山口です。

吊り橋で川を渡って、7時10分とりつきます。
170610_0711~0001

不老山の登山道は、植林の中の見るべきものは何も無いジグザグの急登です。それが標高850mの番ヶ平まで約650m続きます。
170610_0746~0001

番ヶ平は小田原方面の眺めが良い林道が通っていて、ベンチがあります。そしてそれよりも何よりも、サンショウバラが満開!なかなか良い場所です。8時18分到着。
170610_0818~0002-0001

番ヶ平から、残りの標高差が100mも無いのですぐ山頂に着くだろうと登って行ったら、これが意外と遠かった。平坦なたまに下りも入る道を20分以上歩かされ、8時40分、ようやく不老山山頂928mに到着!
170610_0839~0001-0001

登山口から1時間半、谷峨駅からちょうど2時間かかりました。

地味なやぶ山なんで、テーブルとベンチはあっても展望は無し。でもさっきも咲いてたサンショウバラが満開でした。

不老山山頂で10分の休憩後、先へ進むと、駿河小山駅への分岐になっている南峰で木の間から富士山が見えました。
170610_0855~0001

南峰から林道の越えている世附峠まで一気に下ります。
170610_0907~0001-0001

そして、軽く登り返すと、展望の良い伐採地になっている樹上の二人740.2mです。
170610_0913~0002-0001

ここは別名サンショウバラの丘とも言って、サンショウバラの群落があるのですが、最近暑いせいか、ほとんど終わっててました。
170610_0914~0001

樹上の二人から740m前後の標高のところを上り下りしながら進むと、古いコンクリートのベンチがある峰坂峠に着きます。ここから湯船山に向かって、再び急坂が始まります。

その急坂をまず登りきったところが、白クラノ頭978mで、特に何も無いんだけれど、ここからまたしばらく平坦な道が続きます。

そして2つ目の急坂を登ると、ようやく湯船山1040.7mです。10時7分到着、不老山から約1時間半かかりました。
170610_1007~0001-0001

ここも地味な展望のないピークなんだけど、咲いてもいないサンショウバラのせいで団体がいる…。

湯船山で2度目の休憩後、また一気に下り、駿河小山から立派な車道が上がってきている明神峠まで下ります。

途中の送電線鉄塔の下に立派な、花満開のサンショウバラの木あり。
170610_1029~0002-0001

ここから車道を行ってもいいんですが、道の脇に登山道が平行して走っているので、日差しも暑いし、三国山登山口までそこを行きます。
170610_1033~0002

三国山はわざわざ行ってもしょうもないピークなので、代わりに展望抜群の鉄砲木ノ頭に行くことにして、山頂はパスしてしばらく車道を進みます。

そして来慣れた三国峠1170mには11時12分到着。すぐさま鉄砲木ノ頭の上りに入ります。
170610_1111~0001

鉄砲木ノ頭は半分カヤトの草原状態のピークで、少し登るごとに富士山と山中湖がせり上がって来ます。

そして11時25分、湯船山から1時間5分で鉄砲木ノ頭(明神山)1290.8mに到着しました。山頂には諏訪神社があります。

ここで富士山と山中湖の絶景を見ながら最後の休憩をとります。
170610_1125~0001-0001

下山路は、直接平野に降りてもいいんですが、一応切通峠を経由して行きます。
170610_1156~0001

行ってみたら、峠までは意外と遠くて、でも峠で左折するとあっという間に、平野のテニスコート村のど真ん中に出た。
170610_1207~0001-0001

そのまま進むと先程走った県道に合流するところにハッピードリンクショップの格安自動販売機があったので、100円のペットボトルを買い、後はそれを飲みながら川沿いの近道をダラダラ歩き、道志街道に出て、ローソンの角を曲がると、12時33分、石割の湯に到着しました。

三国山行かなかった分、1時間ぐらい早く着いた!

石割の湯は山中湖の平野にある日帰り温泉で、石割山の登山口から近いので他の日帰り温泉より登山者が多いのが特長。
170610_1233~0001-0001

料金は800円で、泉質はあまりツルツルしないアルカリ性単純泉。風呂場は割と広めで、露天風呂が2つあるので、うんと混んでなければノンビリくつろげます。サウナは狭いけど…。

早めに着いたので、風呂を上がってから、食堂でモツ煮定食を食べました。でもまたしても、モツは山梨名物鳥モツ煮ではない。まあ山中湖は山梨の辺境だからいいけども、鳥モツ煮が食べたいな〜。
170610_1357~0001-0001

石割の湯からの帰りは、周遊パスふじっこ1号で富士急の富士山駅まで。

渋滞で到着が大幅に遅れてヤキモキしたんですが、ギリギリホリデー快速富士山号に間に合って、新宿までノンストップ♪

山中湖温泉 石割の湯 - 公式ホームページ
http://www.ishiwarinoyu.jp/


ふじっこ号 - 富士急山梨バス
http://www.yamanashibus.com/fujikko


路線バス - 富士急山梨バス
http://www.yamanashibus.com/regular/#section-2


<地図>
スポンサーサイト

<< 滝子山~大谷ヶ丸~ハマイバ丸~大蔵高丸~湯ノ沢峠~やまと天目山温泉 | ホーム | 武田神社から要害山と帯那山、帰りに興因寺山と淡雪山と甲府の銭湯 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP