プロフィール

目黒駅は品川区

Author:目黒駅は品川区
e-まちタウンでやっていたブログが突如閉鎖になったのでこちらに移動しました!
まだテスト中なんで、そこんとこよろしく♪


登山 ブログランキングへ

リンク

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

FC2カウンター

まとめ

越生町・ときがわ町彷徨(弘法山〜弓立山〜雷電山〜行風山)

(2017/04/08)
学芸大学50:12→東急東横線東京メトロ副都心線東武東上線直通各駅停車→和光市5:56〜57→〃東上線準急→坂戸6:34〜37→〃越生線→越生6:58

越生駅7:08→弘法山登山口7:30→弘法山観世音7:36→弘法山山頂(諏訪神社)164m7:41→越生梅林8:02→田島木工所(雨乞山入口)8:06→雨乞山登山道入口8:11→雨乞山340m8:40→上谷の大楠9:00〜08→六万部塚310m9:21→広見越300m9:27→そば道場9:56〜10:00→弓立山登山道入口10:14→弓立山426.8m10:26〜32→温泉スタンド10:48→道迷い1→花桃の里11:04→ときがわ町役場第二庁舎前(田中交差点)11:12→堂山入口11:16→堂山登山道入口(高区配水場)11:28→堂山250m11:34→雷電山418.2m12:01〜12→行風山登山道入口(不動橋)12:44→林道12:54→道迷い2→330mピーク?13:06→行風山332m13:15→雀川ダム13:29→雀川ダム入口バス停13:39→玉川温泉14:06〜15:05→明覚駅14:39

合計6時間58分(玉川温泉迄)

明覚15:44→八高線→高麗川16:01〜03→〃→拝島16:28〜36→青梅線→立川16:47〜53→南武線→武蔵小杉17:37〜41→東急目黒線→武蔵小山17:55

4月8日(土)は、先週に続き、越生町とときがわ町の低山を、弘法山〜雨乞山〜六万部塚〜広見峠〜弓立山〜堂山〜雷電山〜行風山〜雀川ダム〜玉川温泉と探索して来ました。

天気予報が朝のうちだけ雨だったので、1時間もすればやむだろうということで、7時8分、傘をさして越生駅をスタート!駅前の道を北へ、まずは弘法山を目指します。

弘法山の登山口は、右から広い道が合流するところに弘法山観世音の石柱があり、そこから集落を抜け上っていくと、桜満開の弘法山観世音に着きます。

164mの山頂はその上の諏訪神社のある場所で、越生駅から約30分で到着。
170408_0741~0001-0001

雨で景色も見えないので、すぐに下りて越生梅林方面に進みます。

次の雨乞山へは、まだほんの少し梅の花が残っている越生梅林を抜け、最勝寺手前の田島木工所の門を曲がり、道が道が大きく右に回り込むところに小さな社があるので、その脇の踏み跡に入ります。すると尾根上の良く踏まれた山道にぶつかります。
170408_0802~0001-0001

社で取り付かずに、もう少し先まで行くとこの山道の入口があるのかもしれません。

雨乞山山頂へはあとはこの山道を高い方へ高い方へとたどるだけです。途中に幾つか分岐がありますが、先週の金嶽に続きここでもトレランレースが開かれるらしく、黄色テープの簡易的な道標がつけられているので迷うことはありません。

そして8時40分、弘法山から約1時間で雨乞山山頂340mに到着。山頂標識も展望もない場所で、雨もまだ降っているのでそのまま通過。
170408_0840~0001-0001

下りも黄色テープに従って下り、最後少し大回りしそうだったので、左のちょっとヤブっぽい道を下り、お墓の裏に出ました。

お墓から下に下り、そのままクスの木手前の駐車場に到着。少し下にトイレもあります。

上谷の大楠は、埼玉県1位全国16位の巨木で、木の周りに木をながめる展望台のようなものが設置されています。ここで今日最初の休憩。しかし雨やまないな〜。
170408_0900~0001

次の六万部塚へはこの展望台の横の山道を行きます。ここもトレランレースのコースになっているので、良く整備され、黄色テープが続いています。

雨の中、単独行のトレイルランナーが1人、早速追い越して行きました。

道は、いったん沢沿いに下ったところの三叉路でV字形に戻るように進み、ほどなく細かな文字が刻まれた石のある六万部塚に着きます。
170408_0921~0001

ここで20人ぐらいのトレイルランナーの団体が通過。先週から悪天候なのに頑張ってるな〜。

六万部塚から、送電線鉄塔の下を抜け、その先の三面の仏像がある広見越まで行きます。
170408_0927~0002

大楠から約20分。これで昔大築山方面から下ってきた時の道とつながった!

広見越から大楠前の駐車場まで戻り、舗装された林道を次は弓立山を目指します。

林道はいったん沢沿いまで下り、明るい花いっぱいの大附の集落を上って行きます。

ある程度上ったところで、そば道場なるものを発見。その前にベンチと自販機があったのでしばし休憩。雨もようやく上がったので傘と雨着の上着をたたんでザックにくくりつけます。

休憩後、なおも大附の集落を上って行くと、いい加減飽き飽きしてきた頃にようやく弓立山登山道入口に到着。標識の文字が読めないので注意。道の奥に三角の形をした木があります。

ここからヘアピンカーブの脇を直登するようにつけられた登山道を上って行くと、広見越から約1時間で10時26分、弓立山山頂426.8mに到着。パハグライダーの離陸場があります。
170408_1026~0001

弓立山は景色最高、雰囲気最悪の山で、というのも山頂付近が山火事で焼けて、以前は燃え残った木やら離陸場の残骸やらが散乱している中にそれを整理する重機が入った跡があり、とても登山対象の山とはいえない状況だったからです。

だいぶ整理されてきれいになりましたが、でも360度の大展望が見られないと雰囲気最悪なだけ…。また少し休憩した後、北側へ下ります。

ここで問題発生!北側へは男鹿岩経由の良い登山道が続いていたはずなのに、それが重機で作られた林道にかき消されていて、その林道から続く山道を下ると、わけのわからないときがわ町温泉スタンドの前に出た!

ここはどこだろう?と温泉スタンドの前にある地図を見て、位置感覚が狂っているから逆に下って、下りきったところで気づいてまた戻り、反対側に下ると、そこは花満開の花桃の里だった!

先週、四季彩館の温泉へ行くためにバスを降りた桃木のバス停の反対側なんですが、こんな感じの場所だったんだ!とちょっと感動して、ときがわ町役場第二庁舎の前の田中交差点に出ます。

ここまで弓立山から40分、道間違いしなければ30分ってとこでしょうか。

次の堂山へは、田中交差点から北に5分ほど進み都幾川の橋を渡ったところで左に入り、すぐを右に曲がります。曲がり門に道祖神かお地蔵さんの台座だけあります。

すると突き当たったT字路に堂山・雷電山の標識が出てくるので後はそれに従って上って行くと、配水場を2つ過ぎたところから登山道が始まり、それを登りきったところが堂山山頂250mです。弓立山から約1時間で11時34分到着。
170408_1134~0001

ここから雷電山に向かって、しばらく平坦で気持ちの良いトレイルが続きます。しかもまだトレイルランナーの魔の手は伸びてないみたいだし…。

その道を、途中四季彩館への下山路を見送り、進んで行くと、一箇所ロープつきの急坂があり、登りきると見晴らしの良い雷電山南肩に出て、再び緩やかになった道を進んで行くと、社が2つある雷電山山頂418.2mに着きます。時間が12時ちょうどになったので昼飯にします。
170408_1201~0002

雷電山からは、南麓の四季彩館で温泉入って帰るのが一番のお勧めなんですが、先週行ったので、北側の行風山・雀川ダム経由で玉川温泉を目指します。

雷電山山頂から北側へ下ると道を、途中日影バス停へ道を見送り、ひたすら雀川ダム方面に下ると、ダム湖上流の園地に出ます。

出る手前でエイザンスミレ発見!

出たら左に曲がってすぐ、不動橋という小さな橋があるので、行風山へはその脇の荒れた山道を登ります。

ひたすら上って行くと、休憩所とトイレのある林道に出ます。しかし行風山の標識は無し、登り口も無し。行風山はどこだろう?

とりあえず辺りを見回すと、左手に小高い形の良いピークが!たぶんあれだろうと登ってみたものの、山頂標識も何も無し。

おかしいな〜行風山って湖畔の展望台か何かの名前なのかな〜と思いながら、今度は林道を右に雀川ダム方面に進むも、相変わらず標識もなにも無し。

ここから先は山頂は絶対ないという峠のような場所まで来て、散歩のおじさんに聞いたら、ちょっと手前の踏み跡を指差して、「昔は標識があったんだけど、今は無くなっちゃったんだよ」と教えてくれて、速攻で登ると、13時15分、行風山山頂332mにようやく到着。地味な展望の無いヤブ山です。
170408_1315~0003

行風山から東に踏み跡が伸びていたものの、さっき下から見た感じだと踏み跡は通じていないみたいだったので、元来た道を戻り、さらに近道で桜満開の雀川ダムに降りました。
170408_1329~0001-0001

雀川ダムから雀川ダム入口バス停は割とすぐで、13時34分到着。バスの時間まで20分ぐらいあったので、ジョギングして行けば変わらないだろうと、八高線沿いの交通量の多い道を温泉入口の曲がり門まで走り、後は休憩がてらダラダラ歩いて、14時6分、昭和レトロな玉川温泉に到着。お疲れ様でした。
170408_1406~0001-0001

入口にオート三輪車がある企画物の居酒屋みたいな温泉で、料金は土日850円、泉質は四季彩館と同じアルカリ性単純温泉です。サウナは無し。露天風呂が意味無いのか残念。

ここで1時間ぐらいゆっくりした後、バスで小川か嵐山に出ても良かったんだけど、たまにはということで、桜満開の明覚駅まで歩き八高線で拝島経由で帰りました。

越生町ハイキングガイドブック
http://www.town.ogose.saitama.jp/kankonavi/aruki/1472793849504.html


ハイキングMAP/越生町ホームページ
http://www.town.ogose.saitama.jp/kankonavi/aruki/courcemap/1454052331689.html


埼玉県ときがわ町ハイキングコース
https://www.town.tokigawa.lg.jp/forms/menutop/menutop.aspx?menu_id=1860


小江戸大江戸トレニックワールド
http://www.trainic-world.com/


<地図>
スポンサーサイト

<< 笹子峠〜達沢山〜旭山〜ももの里温泉 | ホーム | なごり雪の大霧山〜堂平山からときがわトレッキングコース >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP